このウェブサイトは、ご利用のブラウザでは正しく表示されません。ブラウザのバージョンアップデートをして下さい。

コーチ探せる

成長するためのコーチが見つかる!

坂本 祐央子さんからの紹介
2022年7月11日からメンバー

「がんを経験して生きる」をコーチングマインドを持って応援します!

木村 美代
×
木村 美代

木村 美代 (きむら みよ)

0.000.00 (0レビュー)
GCS認定コーチ
対象
  • 個人
カテゴリ
  • 介護
  • 患者支援
  • 終活
地域
  • 石川県
  • オンラインで全国
  • オンラインで全世界
対象言語
  • 日本語
価格帯
  • 無料
ボランティア・無料・寄付で利用可
  • なし
無料体験トライアル
  • なし
活動状況
  • 活動中
私はがんサロン「つどい場はなうめ」で看護師として働いています。
コーチングセッションをする‥というより、日々出会う利用者さんにコーチングマインドをもって接して行きたいと思っています。
がんに関係する方々(がん経験者、ご家族、パートナー、お友達、専門職など)ならどなたでもご利用いただけますので、お心当たりの方はお気軽にご連絡ください。

こんなのもやっています。
がん経験活かし隊についてはこちらをクリック!
✳︎医師・看護師・がん経験者による無料出張講座
 がんのこと知っとき隊講座
✳︎その方の人生を一冊の冊子して差し上げる「聞き書き」を学ぶ
 聞き書きサポーター養成講座
✳︎がんの経験を話すボランティの育成と派遣
 がん体験はなし隊
✳︎石川県内の大学で学ぶ学生によるボランティア活動
 学生サークル小梅
✳︎ほか、スタッフへの講演依頼も適宜受け付けています。


≪石川県がん安心生活サポートハウス‘つどい場はなうめ‘について≫
がんは日本人の2人に1人が経験する病気で、国を挙げてがん対策に取り組まれています。
治療を受けながらがんと共に生きる人、がんは治ったけれどさまざまな生きづらさを抱えて生きる人も増えていて、石川県のがん対策を推進するために、2013年に済生会金沢病院に委託された事業です。
患者さん・ご家族の立場に立った生活重視の相談支援体制が出来るように、病院とは離れた環境で、がん体験者やご家族の交流、体験者の知恵を生かした相談ができる場として開所され、そのがんサロンの愛称が「つどい場はなうめ」です。

石川県がん安心生活サポートハウス‘つどい場はなうめ‘についてはこちらをクリック!


≪わたしのプロフィール≫

金沢生まれ・金沢育ち

私が小学校6年生の時に父に脳腫瘍があることがわかり、高校1年生の冬に父を見送ることになりました。
父は私が疑問や関心にあることについては子供扱いせずきちんと聴いて語り合ってくれる存在でした。
これは父の病気がわかる前に「スパゲッティ症候群」について、父と話したことがありました。
死の近い人が点滴や呼吸器などの医療機器に繋がれている姿に父は「自分はこうなりたくないし、深刻な病気になったらそれを知らせてほしい。やりたいことをやって死にたい。」と話していたことがありました。

でも当時(1980年代)は、がんという病名はもちろん、病状も本人には知らせないのが当たり前の時代で、父にも知らせることはありませんでした。
お父さんっ子だった私は、父の残された時間が長くないという事実に向き合うことができず、何事もないように振る舞って過ごしていました。
いよいよやってきた父の死に、やっと現実を現実として感じることができ、大きな後悔とともに「自分のために看護師になろう」と決めました。
父や私のような人の中に身を置かずにはいられなかったからです。

その後、地元の短大の看護学科に入学し、看護師の資格を取得。
大学病院・石川県済生会金沢病院の外科系病棟・緩和ケア病棟・デイケアなどの勤務経験を経て、2008年からは石川県のがん対策推進のために石川県済生会金沢病院に委託された事業を担当。
2008年から5年間、がん患者さんやご家族が最期まで自宅で過ごすための普及啓発・地域連携の支援・患者さんやご家族の相談を担当。
2013年からは、石川県がん安心生活サポートハウス事業を担当して現在に至る


お仕事をする上で大切にしていることがいくつかあります。
「いざというときに思い出してもらえる存在でいたい」
「本当はこう思ってる」も「どうしてもこうできない」も大切にしたい
「言いたくない時」は言わなくていい
依存を使いこなし、主体的に生きられるように
当事者やご家族だけでなく他業種、他職種へ敬意を払う
などなど。

そしてもうひとつ、
「ご本人が出した答えを応援する」という姿勢。
ボランティアの育成や地域の医療従事者向けの研修会などで、坂本祐央子コーチに10年来お世話になっており、そのご縁で昨年コーチングを学び自分自身の日頃のコミュニケーションや姿勢を見つめ直したところです。

このコーチのレビュー

0.000.00 (0レビュー)

レビューはまだありません。

Bloguru 新着情報

  • 2022年9月25日 09時00分
    今年も聞き書きサポーター養成講座を無事終了することができました。 10名が聞き書き作品を完成させて、聞き書き集になりました。 毎年はなうめの...
  • 2022年9月24日 18時11分
    おんころカフェは、人生の中にがんや難病がある方が、カフェという感覚で他の人の言葉を聞いたり(対話したり)考えたりすることを楽しむ時間・場所で...
  • 2022年9月22日 21時54分
    去年初めてやってみて好評だったハーブティ。 オリジナルでブレンドするのも パックをシールするのも パッケージするのも楽しいし しっかり美味し...
  • 2022年9月21日 19時27分
    石川県がん安心生活サポートハウス事業は、がんサロンつどい場はなうめの運営以外にも委託を受けていることがあります。 その一つが「県内の院内がん...
  • 2022年9月21日 07時39分
    2013年の開所年からスタートした、がんに関わる男性のための男性による男学。 昨日が100回目でした! 数えてた担当ピアサポーターの小石川さ...
  • 2022年9月17日 12時56分
    はなうめで養成しているボランティアのひとつがん体験はなし隊の仕上げの発表会でした。 さまざまな講座などに派遣して、ご自身のがんの体験をお話し...
  • 2022年9月13日 07時40分
    今月の薬剤師さんと仲良くなろう!は製薬メーカーのエーザイさんの実際お薬を利用する立場の方の声を知る取り組みとのコラボレーション。 開発を担当...
  • 2022年9月11日 21時56分
    今月のミュージックタイムは民謡の話題で盛り上がりました。 ミュージックタイムは特に、参加するメンバーによって雰囲気はもちろん、内容も変化に富...
  • 2022年9月11日 09時38分
    ①医療費が心配です(公的制度編)担当:SW ②仕事を休むことになりました(傷病手当など)担当:SR ③医療費が心配です(民間保険など)担当:...
  • 2022年9月10日 07時47分
    ピアサポーターの久田です。 暑かった、そして後半は天候が悪かった夏をなんとか乗り切った壮年部員達。 維持していた体重が減ってしまって‥という...